RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
復活!てだこ亭ランチ。
今日は出張。午前中は那覇方面でお仕事。営業マンは忙しいのだw!
ちょうどお昼に国際通り近辺へ、もちろん行きます。

pasta.jpg

那覇市松尾のイタリアン。「料理工房てだこ亭」。
いつも伊江島を応援していただいている頼もしい味方。
久しぶりにランチ営業再開と聞き、早速行ってきました。

選べる一級パスタが迷うほど。今日は野菜とやんばる地鶏の塩味パスタと、

fokattya.jpg

フォカッチャ(ハーフ)※伊江島小麦使用!

塩味パスタは初めて。鶏のうまいことうまいこと、一口一口うなずきながらおいしさをかみしめました。

大変おいしゅうございました。

全種類制覇はかなわなくともまた行きます! ありがとうございました。

author:おとまつ, category:たびへ, 13:00
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡の思い出。
食べた物しか記録に残らないシリーズ。
福岡への旅でもいろいろ食べました。

6/1 朝 那覇空港まで送ってくれたチョウカさん(uooopsのVo)とあけぼの食堂で、
朝ごはんw。坦々麺!
akebono.jpg

会場設営が早めに終わり、是非訪ねてみたいと思ってた、「ViTO」。
イタリアンジェラート「左:ピスタチオ、右:モヒート」アンドコーヒーいただきました。


jelard.jpg

vito1.jpg

vito2.jpg


夕食は穴子のフルコース。

でも付き出しはサザエ壺やき。

tuboyaki.jpg

穴子刺身です。

anagosasi.jpg

ごまサバ。

gomasaba.jpg

白焼き。

sirayaki.jpg

たれ焼き。

tareyaki.jpg

天ぷら。

tennpura.jpg

で2軒目。
オトマツマともよく行った「NewPort」

zuburokka.jpg

ズブロッカのトニック割と

newport.jpg

炎のカマンベール。

で中洲に流れ(写真なしw)、締めの大砲ラーメン。

taihou.jpg

で翌日。

もつ鍋。

motu.jpg

with デスソース。ほか。

desuso-su.jpg

翌日、写真撮影禁止の○○にて夕食。

2軒目、一風堂西通り店「白丸元味」

ippudo.jpg

と、博多一口餃子。

gyoza.jpg

翌日。
友だちのホームパーティ。

ウェルカムジャスミンとメッセージカード。
家主は留守ですが、ワタルの幼馴染、マユちゃんが台所を任され、
素敵なパーティ料理が並んでました。

welcome.jpg

久しぶりのメンバーと、サックスの先生ポールさんご夫妻も新鮮な宴会。
写真にプラス3人のギャルたちがいるのですが、別室でゲームに夢中で写真には不参加。

hukuhama.jpg

遅れて家主さん夫妻が揃い、おいしい手作りメニューを楽しみました。

ヨッチー、マリッペさんお世話になりました。

で、やっぱり。

福岡最後の夜の長浜。

nagahama.jpg

という風でした。



author:おとまつ, category:たびへ, 22:00
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡行きの飛行機の中で。
siocider.jpg

機内販売のドリンク、6月は奥能登の塩サイダー。
どれどれと1本注文。さっぱりとしておいしい。
しげしげと眺め、写真を撮る不審者を見て、CAさんが声をかける。

「塩入りサイダーってこの頃よく見ますけど、うちの島にもあるんですよ」って話から、
話が弾み「シークワーサーと塩入りサイダーを是非機内販売したいですね」という事になった。

その後爆睡するおとまつの前の席にいた寿人くんに渡されたメッセージがこれ。

siocidei.jpg

massage.jpg

うん!がんばらねば。

author:おとまつ, category:たびへ, 23:45
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡の思い出、おまけ。
033106.jpg

麺類ばっかと言っていましたが、ちゃんと和食も食べていた事にケータイのデータフォルダを整理していて気付きました。

グランドハイアット福岡 なだ万の朝食です。

一品一品、ものすごい愛情を感じる料理です。
焼きのりは2枚、ご飯も炊きたてを1膳と半分くらいの量。
出汁巻きと明太子のおいしいこと。

これをもう一回と思って寝過ごしたのです。とほほ。
author:おとまつ, category:たびへ, 01:49
comments(0), trackbacks(0), - -
おいしいパン屋さんに行きました。
012109.jpg

カリッカリ、中はふわっふわ、なバゲット。

012110.jpg
かわいい小さなクリームパン。(お皿は小さな醤油皿)

こんなおいしいパンが名護で買えます。

012107.jpg

パンデカイト Pain de Kaito
名護市宇茂佐1409 電話0980-53-5256
8:00~19:00
定休日:月曜日・年末年始



大きな地図で見る
author:おとまつ, category:たびへ, 23:48
comments(0), trackbacks(1), - -
お土産と思い出と。



1週間ぶりの学校へ、ヒカルはお土産と日記に精をだします。

北九州で拾ってきたモミジやイチョウをクラスのみんなと先生にお土産にします。
1枚1枚ビニールパックに入れて用意します。

たまった日記もたくさんたくさん書きました。

久々に画伯の登場です。

動物園の思い出。

112903.jpg

112904.jpg

112905.jpg

112906.jpg

112907.jpg

author:おとまつ, category:たびへ, 23:59
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡紀行 帰着。
1127001.jpg

楽しかった(ではいけないけど)福岡の旅。
今日は沖縄に帰ります。

お土産もちゃんと買ったし、あとは合格を祈るのみ。

朝、「白い息!!」とふたりとも喜んでます。

1127002.jpg

写真には写らなかった。


じいちゃんに空港まで送ってもらって福岡から飛び立ちました。

1127003.jpg

ヒカルもようやく飛行機の気圧の変化対応策を身に着けました。
耳抜きがうまくできるようになりましたよ。

空港にはオトマツマがお迎え。

おとまつは離島フェアへ合流。

残る3人はマモルが待つ伊江島へ向かいます。

author:おとまつ, category:たびへ, 23:06
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡紀行 北九州3日目→福岡へ。
112601.jpg

さあ、いよいよ入試本番。
朝食を食べて、ヒカルをホテルに残し、JRで試験会場へ。
受験生の集合場所、講堂。

いすに座ったワタルを見届け、おとまつはトテルへ戻ります。
ヒカルと荷造り、ワタルからの連絡を待ちます。
チェックアウトは11:00。
ちょうどいい時間にワタルから連絡。「終わった」と、
お世話になったホテルをチェックアウト。
駅の改札でワタルと待ち合わせ。

面接でちょっと慌てたところがあったとのこと。
あとは天に運を任せます。


さあ、新幹線で福岡へ行こう!
と その前に、

在来線のホームに3人で。

112602.jpg

小倉名物かしわそばを食べずして小倉駅をあとにはできません。できません。はい。

112603.jpg

いなりと一緒にいただきます。
112605.jpg

ホームにある立ち食い食堂。
112604.jpg

確か東筑軒のはずだったけど、北九州駅弁当に変わってた。

冬の寒いときにぶるぶる震えながら食べるのが大好きだったのよねぇ。

折尾駅にも2階に食堂があります(まだあるのかなぁ?)。
よく家族で車で行って入場券買って食べに行ってました。

とりあえず、思い残すことがなくなったので(笑)、一路福岡へ。

112606.jpg

12時前には博多駅についてしまったので、今日のホテルにとりあえず荷物を預けに行きました。
でも快くチェックインさせていただきました。

とても良心的なホテルです。

というのも、写真真ん中はおとまつ兄なのです。

いつも福岡行くときはお世話になってます。
おとまつより二つ上の兄。

子どもらも久しぶりに会ってうれしそう。

112607.jpg

広々トリプルルームは快適です。
しばらく休憩して、さあ街へ繰り出しましょう。

来年春グランドオープン予定の博多駅を潜り抜け、100円バスに乗って、
キャナルシティ博多へ。

おとまつは福岡時代から仕事の関係で、また関係ではなくても自称「キャナラー」。
何かと行ってました。

アウトドア系ショップが連なり、その昔はメガバンドールって言う特大ショップがあったのです。

今日もアウトドアショップを総なめにして、噴水や、マジックショーを楽しんで、
出来立てのIMAXシアターで、ハリーポッターを3人で見ます。
沖縄では、ヒカルを無理してまで映画に誘わないのに、半ば無理やり入館。

112609.jpg

ど迫力の体感サウンドと前列部フラットフロアがない劇場は、どこもベストポジションかな?
って思うくらい、工夫されています。
上から右から後ろから、左から、また腹のそこから響く重低音。
ヒカルは想像以上に怖がってました。「だからいやだって言ったのに〜」ってね。

今回すれ違いばかりでなかなか会えなかった、福岡のお友達家族ともここでようやく再会。
112610.jpg

ムーミンのカフェです。
112611.jpg

ニョロニョロチーズケーキ。
男家族では入りにくかったのでちょうどよかったです。
いろいろお土産までもらっって、ありがとうございます。

112612.jpg

全員揃ってなかったのが残念ですが、同世代の親子友達っていいですね。
またみんなで会えたらいいなぁ。


さぁ夕食までの小腹対策。ラーメン。

ヒカルはとんこつ苦手なので、噴水付近で遊ばせて、

ワタルとおとまつで行きました。「一蘭」。

112608.jpg

とても贅沢なラーメンです。とりあえず食べましたよ。

買い物した荷物を置きにホテルへ一旦戻ります。

駅の商店街で、ヒカルはガチャホン(笑)を買いました。

112615.jpg

かわいいです。


夜9時に、じいちゃんと待ち合わせ。
112614.jpg

焼肉です。スタミナ亭@清川。

112613.jpg

また近々あえるといいなぁ。

どっちもやっぱりうれしそうです。


明日は沖縄に帰ります。
あっと言う間の3泊です。


author:おとまつ, category:たびへ, 23:21
comments(0), trackbacks(0), - -
福岡紀行 北九州2日目
1125001.jpg

北九州滞在2日目。
6:30起床、7:00から朝食。

ブッフェは楽しい。ヒカルは好きなものだけ、ソーセージ、ハム、オレンジジュース、ヨーグルト、味噌汁(笑)。炭水化物は?

あとの二人はパワーブレックファスト。

今日は明日の試験に備えて、会場を下見に行きます。
JRで二駅。
1125002.jpg

余裕のワタル?、正門前で記念撮影。

1125003.jpg

歴史を感じるキャンパスはちょうど紅葉がきれい。
ヒカルはクラスのみんなへのお土産にモミジを拾います。

会場の雰囲気がわかり、ちょっと安心したワタル。
午前中は懐かしい10年前にタイムスリップの旅にしよう。

1125004.jpg

一家は10年前に沖縄に引っ越しましたが、その前の2年間、北九州市小倉北区下到津(こくらきたくしもいとうづ)に住んでいました。
当時、おとまつの仕事の関係もあってよく通っていた動物園&遊園地「いとうずゆうえん」が西日本鉄道(略して西鉄)から北九州市に運営が移行され「いとうずの森公園」になっていました。

ほぼ開店直撃に近い平日、貸しきり状態です。

1125005.jpg

飼育員さんたちにもそれぞれ朝の挨拶を交わしながら、普段体験できない体験をたくさん。

ヒカルは飼育員さんからもらったバナナの葉っぱをぞうさんにあげました。

動物園の固定観念とは全く違う朝からハッスルの動物さんたち。
ライオンご夫婦の朝の大叫び合戦。
テナガザルの絶叫、それに触発されたチンパンジー山の上へ下への大騒ぎ。

ゴロゴロ昼寝のイメージとは全く違ってました。

さあ、なつかし旅は続きます。
1125006.jpg

徒歩で板櫃川(いたびつがわ)沿いを八幡公園へ、小学校の入学をここで迎えたワタルの
思い出の公園。
ここから少し急な坂道を上り詰めると
1125007.jpg

到津小学校です。

小学校の左手に到津八幡宮があります。
1125008.jpg

合格祈願!合格祈願!
長い階段を下りて、また川沿いを、住んでいたマンション、公園、児童文化会館、
思い出めくり旅。

さあ、お昼食べようか!

予定では、浜勝(長崎ちゃんぽんのリンガーハットチェーンのとんかつ専門店)でしたが、
おとまつの本能が昔の記憶を呼び覚ます。
ほとんど無意識のうちに「999レストラン」に来てました。
1125014.jpg

行列のできる洋食屋さんです。
9が3つで、さんきゅうレストランです。

1125009.jpg

おとまつはチキンカツ定食。

1125013.jpg

ヒカルはエビフライ定食。

1125012.jpg

ワタルはハンバーグ定食。

1125010.jpg

コロッケ単品、三人で分けます。

1125011.jpg

変わらないチキンベースのスープ。

よくぞ思い出しました。ほんとにすっかり忘れてました。

たっぷり食べた後は、懐かしい通勤路線をバスでホテルにもどります。

しばらくホテルで休憩。ワタルはお勉強。

ヒカルとおとまつは、またお出かけ、

今日のおやつはアフタヌーンティー@井筒屋新館。

1125015.jpg

ちょっと変わったショートケーキとミックスジュース。

1125016.jpg

おとまつはコーヒー。

1125017.jpg

小倉城方面に向かって紫川(むらさきがわ)にかかる橋をわたります。

1125018.jpg

リバーウォークへ、ヒカルは噴水に釘付け。

街はクリスマス一色です。

ヒカルは友達へのお土産を、おとまつはほしかったフリースジャケットをそれぞれお買い物。



ホテルに戻ってワタルと夕飯。

やっぱラーメン食べたいね。と「一蘭」を目指すも、ヒカルは「とんこつはやだ。」
仕方ない、懐かしいといえば懐かしい京都 王将へ。

1125020.jpg

チャーシュー麺、麻婆豆腐、
1125019.jpg

炒飯、餃子、
1125021.jpg

唐揚げ。

満腹満腹。

二人と別れ、おとまつは前々職の同僚と久々の再会。

1125022.jpg

今日一日、完璧に10年前にタイムスリップしてました。
楽しかった〜。

さあ
明日は受験本番です。平常心平常心。
author:おとまつ, category:たびへ, 23:49
comments(0), trackbacks(0), - -
ADVENTURE TOUR THE FINAL さよならロンドン。
ダブルデッカーの車窓から
とうとうイギリス親子二人旅レポートも最終章。
今日はロンドンを旅立つ日。
でも二人は朝寝坊。マモルもだるそうに起き上がる。
自分を奮い立たせ最後の朝食!荷物パッキング!チェックアウト!
走るダブルデッカーにまだ乗ってない!
ピカデリーサーカスからハマースミスまでバスに乗る、ここは午後ミリアンさん家族と待ち合わせしている駅。でも待ち合わせには早すぎる。

もう一度戻って、王立芸術院(?)の中庭へ。多分名のあるアーチストの作品「鉄の恐竜」です。キース・ヘリングぽくて愛嬌のある恐竜たちでした。
ROYAL ACADEMY OF ARTS
今日は月曜日。でも後で聞いたら祝日だとか、どおりで街はゆっくりしてました。
ちょうど時間となりました。再びハマースミス駅へ。

ミリアンさんとF坊(フォックステリアのパピー君)がお出迎え、
今日はミリアンさん一家と「パブ」とやらでランチを一緒に食べる予定。

ハマースミスブリッジ

ハマースミスブリッジの手前をテムズ川沿いに伸びるテムズパス(THAMES PATH)を歩く、川沿いの素敵な景色が広がる。
シュガーとマモル
天気もよくとてもいい気持ち。うちのシロを思い出しました。元気かな?
テムズパス

THE CRABTREE
「THE CRABTREE」
ミリアンさん、ミリ夫さん、MAX君、F坊君で一緒にランチ。
MAX

SUGAR

おとまつはホワイトビールを昼間っからぐびぐび。
ホワイトビール

フィッシュアンドチップス
夢にまで見た(大げさ)フィッシュアンドチップス:たらとかの白身魚のでかいフライと
ポテトチップス(いわゆるポテトフライ、イギリスでは日本で言うポテトチップスはクリスピーというらしい)
かりっと香ばしくタルタルソースが白身魚の淡白さを引き立てる。

マモルは牛肉のパイ包み。
牛肉のパイ包み
二人で半分っこしながらたっぷりいただきました。

テムズ川
祝日の昼下がりはのんびりとぽかぽかのお天気で気持ちがよく、
MAXとマモル
かわいいワンチャンたちと楽しいひと時。

いい天気。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、お別れの時。

ミリアンさんミリ夫さん大変大変大変お世話になりました。

バスでホテルに向かい、お迎えの車を待つ。

ヒースロー空港へ
日本へ帰るチェックインカウンター
帰りもエコノミーですが、ビジネスクラス受付カウンターが空いていたのでここで受付、
今度はテレビ付きの席を!

税関で戻り税申告をしたときのカウンターの女性がおとまつの申告した商品を見て、なにやらいぶかしげに隣のひとと話す。「何か問題でも?」「私はチェルシーファン!」
とマンチェスターからのお土産袋を迷惑そうに見ている。
「それは公私混同でしょ?」とは言えず「We like the Chelsea,too.」でその場は友達・友達になった。「あーー日本人」ってーーとちょっと自己嫌悪。

さよならロンドン!お世話になりました。

飛行機の中でスパイダーマン3 シュレック3と立て続けに映画を楽しみ(マモルは3本見たって)、退屈せずに成田へ、そのまま那覇までひとっ飛び、那覇行きの国内線が一番外国人が多かった。さすが米軍の街沖縄である。

那覇空港から高速を飛ばし名護市へ、23:00。
ちょっとおなかがすきました。
ドーンと吉野家
まずは牛丼
「帰ってきたー」と実感。
明日は伊江島に帰ります。

延々と続く旅行記に長い間お付き合い頂き皆さんありがとうございます。
またいつもの伊江島生活に戻りましたが、帰りの道路から見上げる空といい、
港でみた青々とした海の色といい、「アーほんとにいいとこにすんでるなあ」
と思う、伊江島再発見の旅でもありました。
夕方の大きな空と海を見ながら飲む発泡酒もまた違った感慨があります。

旅では、刺激をたくさんもらって帰ってこれたし、少しは英会話も上達したみたいだし、
なによりマモルの中にどれだけパワーが蓄えられたのだろうかと思います。
でも我が家はあくまで放任主義、期待せずに本人を見守ります。

長いお付き合いありがとうございました。
またちまちまと上げていきますよ。



author:おとまつ, category:たびへ, 23:58
comments(2), -, - -